夢コン予選!

0

    11月4日日曜日は、「大きな夢コンテスト」略して「夢コン」の稲城予選でした!


    「大きな夢コンテスト」は、劇団員が全員、ソロで歌を披露するコンテストです。毎年行う夏の公演はみんなで一つの舞台を作り上げるのですが、「夢コン」は、一人で舞台に立ちます。

    1分45秒という限られた時間の中で、自分の歌いたい歌、表現したい歌を作り上げていきます。


    稲城予選というからには、本選があります。この予選で選ばれた3名が、12月27日に行われる本選へ稲城子どもミュージカル代表として出場することになります。本選は全国の姉妹劇団から選ばれた約60名が競い合い、グランプリが決まります。


    とは言っても、父母たちにとって、ある意味本選よりもとても楽しみな夢コン予選!!

    毎年、子どもたちのパフォーマンスを楽しみにしています。去年までの姿から1年間、公演をやり遂げたあとの子どもたちは、ひとまわりもふた回りも成長しています。「去年、全然声が出なかったあの子が!」とか、「ダンスが上手くなってる!」とか、他人の子どもながら涙ぐんでしまうことも(๑˃̵ᴗ˂̵)

    また、選曲やパフォーマンスも個性があふれていて、「今年はそう来たか!」と思うことも少なくありません。


    夢コンで子どもたちが歌う曲は、ミュージカルあり、歌謡曲あり、アニソンありと子どもによって様々です。うちの子の場合、その年に観たミュージカルの楽曲をここ2年間は選んでいます。観たときの感動や役柄の感情を見る人に伝えたい気持ちが強く出るようです。


    準備もみんなぬかりありません。

    親はカラオケCDを準備して、子どもが着たいという衣装を準備したり、小道具を用意したりします。


      曲が決まったらカラオケ音源を探して1分45秒に編集。カラオケがなければボーカルを消してカラオケにしたり、色々つないだら1分47秒だった・・・って時は、テンポを少し上げて1分45秒におさめたり。キーが合ってなかったらキーを上げたり下げたり。(11年もやってると、この編集能力はかなり上がります(^.^)。)カラオケができたら、後はひたすら練習するのみ。うちの場合、車のカーステレオではエンドレスでその楽曲を流して、「車に乗ったら歌う」がこの時期習慣になります。今年はスマホに落として、いつでも聴けるようになりました。いつでもどこでも練習できます。親の前ではなかなかやりませんが・・・。夜、窓のガラスに自分を写しながら、見え方を確認して、自分で動きを決めているようです。座るとか立つとか、目線はどことか・・・。自分で自分の演出をつける、子どもたちにとってはすごい勉強になる経験だと思います。


    今年は新人さんもたくさんいて、初めてなのにみんなすごかったです。1年後、この子たちがどんな成長を遂げるのか、新たな楽しみができました!


    全員のパフォーマンスが終わった後は、先生方が別室で審査を行い、その後結果発表。3名の名前が呼ばれて、みんなからも拍手をもらいます。3名は稲城代表として新たなプレッシャーを感じながら、12月の本選に向けて練習していくことになります。また、先生方から一人一人に講評があり、それぞれの良かったところ、また課題、こうすれば良くなるなど、来年に向けてのアドバイスを受けます。

    一人一人目標をもって、また来週から稽古が始まり、一人一人が成長することで、夏の本公演がより見応えのある作品になっていくのだなぁと改めて感じました。


    父母会N



    posted by: いなぶろ | - | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    ミュージカルワークショップ1日目

    0


      9月16日日曜日、ミュージカルワークショップの1日目です。

      たくさんの新しい子どもたちが、稲城子どもミュージカルのレッスンを体験しに来てくれました!2日間で1曲、歌とダンスの振りを覚えて練習して、最後に父母の前で披露します!


      1日目のこの日は、片野真吾先生による歌のレッスン!劇団員も含めて、みんな初めて見る楽譜なのに、終わる頃には楽譜を見る子はいませんでした!みんなすごい!途中、セリフもあったりして楽しい曲ですが、テンポが速く、リズムも難しい曲です。みんな次回の振り付けの稽古までに、自宅で、歌を練習してねと先生からお話がありました。


      次回は9月30日日曜日10時からです。

      この日だけ参加の方には、事前に歌の楽譜や参考音源などをお渡しできます。30日日曜日だけの参加もまだ受け付けてますよー。







      posted by: いなぶろ | イベント | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      ミュージカル体験ワークショップ開催!

      0

        夏休みも終わり、子どもたちは新学期が始まりました。

        ミュージカルの稽古も、来年の公演に向けて始動しています。

         

        そして、来る9月16日(日)と30日(日)に、ミュージカル体験ワークショップを行います!

        2日間で、ミュージカルの入り口をちょっとのぞきにきませんか?

         

        夏の公演を観た当日に申し込んでくれた方、お待たせしました!

         

         

        夏の公演を観た方も、観なかった方も、みんな集まれ!

        劇団員一同お待ちしています!!

        posted by: いなぶろ | イベント | 03:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        ご来場ありがとうございました!

        0

           お盆真っ只中で、皆さま帰省されたり、ゆっくりお休みされてたり、はたまたがっつりお仕事だったり、いかがお過ごしですか?

           

          25周年記念公演ミュージカル「魔女バンバ」、無事幕を降ろして早2週間が経とうとしています。

          今年もたくさんのお客様に、ミュージカルをお届けすることが出来ました。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

           

           

          4回公演ともほぼ満席で、子どもたちのテンションも高く、前日のゲネプロのダメ出しをまったく感じさせない、さらにクオリティの高い舞台。毎年の事ですが、子どもたちの底知れぬパワーに驚かされます。今年は指定席もご用意させて頂きましたが、大変好評で、あっという間に売り切れてしまいました。売り切れてからも、指定席のお問い合わせがあったり・・・。来年に向けて父母会で、また検討していきます。

           

           

           今年は10名の一般賛助出演の子どもたちも出演してもらいました。劇団員に比べて、圧倒的に稽古時間が短い中、ダンスの振りやフォーメーション、歌、セリフはないもののお芝居まで、本当にみんな頑張ってくれました。大変だったけれど、とても楽しかったと終わった時に感想を言ってくれました。

           

           

          25年前に稲城市向陽台で10人で始まった児童劇団「大きな夢」稲城子どもミュージカル。

           

           父母会が運営しプロの舞台スタッフと舞台を作り上げて、プロの指導を受けたアマチュアの子どもたちが、子どもたちだからこその感動の舞台をお届けする。ただの習い事ではないクリエイティブな地域市民活動という独自のシステムが、少しずつ他の地域にも広まって、今や姉妹劇団は全国25カ所となり、ミュージカルを楽しんでいる子どもたちは600名を超えています。皆さんのお住いの地域にも、もしかしたら「大きな夢」が活動しているかもしれません。

           

           どこの姉妹劇団も地域に根ざした市民活動として公演を行っており、テレビや映画に出るような子役を育てるプロダクションの活動とは一線を画しています。入団にオーディションは無く、全ての子どもに舞台の上では役割があり、責任が伴います。たくさんのスタッフさんがいて成り立つ舞台、舞台の上で助け合う仲間たち、感謝の気持ちや思いやりの心が自然と育まれていくのです。

           

           

           さて8月は少し稽古はお休みです。9月から来年の夏の公演に向けて、稽古が始まります。また、9月には、無料のミュージカルワークショップを企画して、市民の子どもたちとミュージカルを楽しんじゃおうと思っています!詳細はまた!

           

          父母会N

          posted by: いなぶろ | 定期公演 | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

          公演直前!高校3年生特別インタビュー!

          0

            いよいよ、公演本番まで1週間となりました!

            チケットの完売回も出て、子どもたちの稽古も最後の追い込みに入りました。

             

            あとは、母たちは体調管理に気を配り、ただただ見守ってやるだけなのでした。

            JUGEMテーマ:ミュージカル

             

            さて、稲城子どもミュージカルは小学1年生〜高校3年生まで在籍できます。

            もちろん、いろいろな理由で途中で辞めていく人もいますが、高校3年生までは続けることができます。

            逆に言えば、高校3年生が泣いても笑っても最後の舞台となります。

             

            今回の「魔女バンバ」が最後の舞台となる高校3年生は

            祐奈ちゃんです!

             

            忙しい稽古の休憩中に少しだけインタビューしてみました!

             

            私「いつ入団したんだっけ?」

            祐奈「小学校3年生と4年生の間です。」

            私「じゃぁ4年生の時が初舞台だね。」

            祐奈「はい、ロビンソン*ロビンソンで入団し、中学3年生のロビンソン*ロビンソンの公演のあと、高校受験でいちど退団しました。」

            私「いつ、もどってきてくれたんだっけ?」

            祐奈「あまんじゃくの桜貝です。」

            私「あれ、あまんじゃくってことは・・・去年?」

            祐奈「はい。」

            私「その前の・・・えっと、あ、ロンは、出てないんだっけ?」

            祐奈「はい。」

            私「そっか、ロンの前がロビンソンだもんね。なんか戻ってきてもっとたくさん出てる気がしてたよ。今回が最後の舞台だね。」

            祐奈「はい。」

            私「どうですか?」

            祐奈「最後なので、いままでの経験を生かして、明るくて優しい天使を演じられたらと思っています。」

            私「最後に後輩たちに、何か一言お願いします!」

            祐奈「あまり、いい先輩として活躍できなかったかなとも思うんですが、これからもみんなで頑張ってほしいです。」

            私「ありがとうございました〜。」

             

            と〜っても控えめな祐奈ちゃんなのでした。

            でも・・・

            活躍できなかったなんて、とんでもない!

             

            第23回公演「タマゴン」では主役のタマゴンを、独特の雰囲気で好演してくれました!

            演劇やってる私の友人が、「あのタマゴンの子、すごいね!あの雰囲気いいわ!」と絶賛してました。

            第23回公演「タマゴン」宙組

            それに、夢コン本選に何度も選ばれていて、歌唱力も半端ないって!!!

             

            そしてそんな半端ない祐奈ちゃんが、今年の「魔女バンバ」で演じるのは、主人公のバンバと対決する天使ポポロ役!

            本人も言うように、在籍8年間の集大成!見逃せません!

            普段はとっても控えめな祐奈ちゃんが、明るくて優しく、そして強い天使を演じます!

             

            8月2日3日は、府中の森芸術劇場ふるさとホールへGO!

             

            2日14時の回は前売り券完売です!当日券は若干あります。

            その他の回も、残り1週間で残り少なくなりつつあります。

            チケットのご購入はお早めに!

             

             

            posted by: いなぶろ | キャストたち | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            ホール稽古!

            0

              こんにちは!公演本番まであと8日!

              今日は、本番で使う舞台、ふるさとホールでホール稽古でした!

               

               

              衣装をがっつり着て行う稽古は実は初めてです。衣装着て動いて見なければ、わからないこともあります。

               

              先生からは、容赦のないダメ出しがあり、みんな緊張して集中して稽古できました。

               

              公演まであと8日、残す稽古は最終稽古のみ!

              それまでに、各自今日言われたことを、自宅で稽古して、最終稽古では、一段と完成度を上げて欲しい!

               

              父母会のメンバーも、本日参加もできる人は、ホール稽古を見学し、また劇場の下見なども行いました。

               

              会場となる府中の森芸術劇場ふるさとホールは、京王線「東府中駅」が最寄りの駅になります。府中駅ではありませんのでご注意ください。府中駅は特急が停車しますが、東府中駅には特急は停まりません。

              駅からは、徒歩10分ほどです。

              一つしかない改札を出て、右方面に駅の階段を降りてください。降りると、下記のような看板が出ています。参考にしてください。

               

              駐車場はありますが、数に限りがありますので、電車でのご来場をお勧めします。

              特に2日14時の回は、同じ府中の森芸術劇場のどりーむホールで別のイベントがありますので、早々に満車になる恐れがあります。

               

              周辺にコインパーキングもありますが、そんなに多くありません。

               

              毎日、危険なレベルの暑さが続いてますが、体調崩さぬよう、元気に劇場でお会いしましょう♫

               

              父母会N

              posted by: いなぶろ | けいこ風景 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

              7月15日16日のレッスン

              0

                こんにちは!

                 

                7月15日日曜日は、ダンス最終稽古でした。

                今回の演目、魔女バンバはダンスがたくさんあります。昨年の演目の倍以上!!振り付けを覚えるだけでも大変です。

                しかも、今年は、一般の子どもたち10名と一緒です。少ない稽古回数の中で、振り付けを教える室伏先生、大変そうです。

                稽古を見ていた父母たちは、まだまだバラバラな子どもたちの様子にドキドキです。ここから2週間ちょいで、本番を迎えます。

                そんな中、隅っこのほうで、Wちゃんが一般の子どもたちがわからないところの振り付けを教えてくれていて、なんだか嬉しくなる母なのでした。

                 

                 

                7月16日月曜日祝日は、毎年お世話になっている矢の口幼稚園さんのホールで稽古を行いました。

                午前中は、メインキャストの抜き稽古です。

                みずき先生が、指先の演技について熱心に指導されています。

                みんな、集中してみずき先生の動きを見ていますね。

                Nくんは、青砥先生に老人の動きについて質問中。

                 

                休憩時間でも、個人的に先生のところへ行く子どもたち。本番まで、演技を練り上げていくことに「もう完璧」ということはありません。

                 

                午後は全員の稽古です。星組、月組で前半を通しました。まだまだ動きもテンポも難題がいっぱい。先生からも厳しい声が飛びます。一人一人がひとつひとつ積み上げて、全体の舞台が出来上がっていくのでした。

                 

                次の稽古は22日!本番までカウントダウンです。

                 

                前売りチケットはおかげさまで、一般発売分は8月2日14時の回が完売しました。あとは当日券のみとなります。他の回も残りだんだん少なくなっております。早めの確保をおすすめします!

                 

                チケットは出演者か、公式ホームページで購入できます。

                posted by: いなぶろ | けいこ風景 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                合宿をしてきました

                0

                  JUGEMテーマ:ミュージカル

                   

                  6月2日・3日 川崎青少年の家にて合宿を行いました。

                  レッスンを集中して行うことと、チームワークを深めることが目的です。

                   

                  土曜日は学校で運動会・体育祭の子も多く、日焼けした真っ赤な顔で遅れて駆けつける子もいましたが、みずき先生指導のもと、アンナ・ニーナ/ニーノ・ポポロの抜き稽古→全体稽古→入浴・夕食→アンナ・バンバ・小魔女・ポポロの抜き稽古をしました。

                  夜の抜きが終ったのは21時、抜き稽古に参加しない子達も、中学生以上が中心となって、細かいところを確認し合いました。

                  長い子は13時から21時までよく頑張りました〜。

                  2日目は衣装合わせから始まりました。

                  みんなあこがれの衣装を身にまといとても幸せそうでした。一着しかない衣装に至っては、間違いなくあこがれていた歴代の先輩方が着た衣装です。同じ衣装を着て舞台に上がることになる、それは、日々のレッスンやオーディションで頑張った自分へのご褒美だったり、自分もとうとうその役が出来るようになったという、うれしい実感だったり、いろいろな気持ちがあるのでしょうね。

                   

                  ご存知のとおり、今年の公演は特別な公演です。25周年記念公演をさらに盛り上げるため、今年は一般賛助さんを募集しました。うれしいことに、本当にうれしいことに10名ものお友達が集まってくれました、パチパチパチ。そして賛助さんの衣装合わせも合宿2日目に行いました。

                   

                  午後は賛助さんと劇団員全員がそろって、室伏先生のダンスレッスンです。実は小学6年生の劇団員3名が、稲城市の学校行事、野沢体験合宿の日程と公演日程が重なってしまい、公演参加を断念することになりました。それでもそのうちの2名は合宿に参加してくれて、みんなと一緒にレッスンを受けました。体調を崩して抜けた子の代わりになったり、賛助さんのお世話をしてくれたり、活躍してくれています。毎年、公演を観にきてくれている方は、あれ、あの元気な男の子と女の子が居ないな・・と思われるかも知れませんが、そういう事情なのです(涙)。

                   

                  午後のレッスンは16時まで、歌って踊りました。レッスンを受けているみんなは本当に楽しそう。歌声は天使。まだまだ、荒削りですが、スロースターターな稲城、本番にはしっかりあわせますからね。

                   

                  普段も本当にやさしい子がポポロを演じ、普段はしっかり者・運動神経抜群の陸上女子2人がバンバを演じます。

                  年少さんから高校3年生まで、総勢34名で贈ります、男の子も8人、元気いっぱいの稲城子どもミュージカルです。

                   

                  25周年記念公演「魔女バンバ」8月2日・3日 チケット絶賛発売中です。

                  是非劇場でお待ちしています。

                   

                  父母会H

                   

                   

                   

                  posted by: いなぶろ | けいこ風景 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                  夏の公演一般参加者募集!

                  0

                    今年25周年を向かえる、稲城子どもミュージカル。

                    8月2日3日に、府中の森芸術劇場ふるさとホールにて、ミュージカル「魔女バンバ」を上演します。

                     

                    25周年記念企画として、

                    一般から出演者を大募集しています!

                    劇団員と一緒にあこがれのミュージカルの舞台に立ってみませんか?

                    参加費は無料(台本・楽譜など実費負担のみ必要)です!ノルマチケットもありません。

                    稲城子どもミュージカル気になってた方、この機会に、歌って踊って舞台を体験してください!

                     

                    今年の公演限りのアンサンブルキャストの募集になります。

                    対象は小学1年生〜中学3年生で、5月からの稽古(10回程度)に参加できる方、初心者大歓迎!

                    稽古回数など詳しくは

                    以下のホームページ内のチラシをご覧ください。

                    http://inagikm.com/banbasanjo.pdf

                     

                    定員になり次第締め切ります!

                    この夏はミュージカルを楽しみましょう!

                    posted by: いなぶろ | 定期公演 | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                    福祉施設訪問その2

                    0

                       

                      おはようございます!

                       

                       

                      4月2日月曜日、稲城市内の福祉施設訪問第2弾に行ってきました!!

                       

                      先日とちょっとだけメンバーも入れ替わり、この日は午前と午後、2か所の施設を訪問しましたよ。

                       

                      まず午前中は、いつものレッスン場所から一番近い「稲城苑」さん。

                      毎年楽しみにしてくださっています(^^♪

                      子ども達が歌いだすと、一緒に歌ったり、目を閉じて指揮を振ってくださったり、歌詞にじっくり聞き入り涙される方も。

                      思い思いに楽しんでくださる姿が印象的でした。

                       

                      今年の25周年公演「魔女バンバ」の中の三日月祭りのダンスも披露しました。

                       

                      前回の反省を活かし、今回はアンコールに備えての準備もばっちり♪とおもいきや、アンコールが終わっても更に2度に渡るアンコール!!しかしそこは台本&音源を担当してくれた光世抜かりなし。童謡メドレーでアンコールにお応えすることが出来ました。

                       

                      そして最後は恒例ふれあいタイム。

                      こども達が一人一人にご挨拶に行きます。握手をしたり、中にはハグしてもらったりと、本当に心温まる光景でした。

                       

                      お昼休憩を挟み、、

                      ↑こちらお昼休憩の様子。。

                      「だるまさんが転んだ」・・ならぬ、「ヴィーナスのなみだ」という遊びらしいです。ご存知でしたか?

                      鬼が振り返った時に美しい佇まいをしておかないといけないルール。面白いですよね( ^^)

                      気付けばいつの間にか皆でこんな遊びをしている、仲が良い稲城子どもミュージカルです。

                       

                       

                      気持ちを入れ替え午後からは児童劇団「大きな夢」事務局、アートセンターから歩いてすぐの「ペアウェル矢野口」さんにおじゃましました。

                      こんなに素敵なボードを準備して頂いていました!感激です!!

                       

                      こちらでも同様のパフォーマンスをさせていただき、さぁアンコールかな!?と思ったら、職員の方からのご提案で、一人一人挨拶をさせてもらうことになりました。

                      学年、名前、好きな食べ物、好きな教科など。

                      フリートークが得意な劇団員たち♪たくさんの笑いがおきていました(^^♪

                      そこでわかった意外な事実。稲城の子ども達、体育と歴史が苦手な子が多かった〜ダンスは得意なのにね、体育は別物らしいです。

                      「歴史が苦手な子たち、この施設には歴史に詳しい方々が沢山集まっていらっしゃるから、いつでも聞きにおいで!」というお言葉を職員さんからいただきました。有難いですね。

                      最後までアットホームな雰囲気で、帰りにはお土産までいただきありがとうございました。

                       

                      2日間に渡り3か所の施設を訪問させていただき、子ども達にとって貴重な経験となりました。

                      もっともっと歌やダンスを見たい!出来ることなら帰ってほしくない(笑)というお声をいただきましたので、来年は更に成長した姿を見せにお邪魔したいと思います。

                       

                       

                      父母会YY

                       

                       

                       

                       

                      posted by: いなぶろ | イベント | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |